産まれた時からの肌荒れの原因はアレルギーだった!

標準

第一子を出産後、里帰りしていましたので実家で赤ちゃんのお世話をしていました。

産まれて2.3日後から他の子は綺麗な肌なのに顔が皮剥けしだして産院で保湿剤などを塗った方がよいのでは、と相談したら赤ちゃんは脱皮するもの。保湿剤は必要ない、といわれ少し肌が弱いのかなと思うくらいでその時は毎日が忙しかったのであまり気にしていませんでした。
しかし1か月検診の頃も、また肌荒れがひどく産院で相談するも乳児湿疹だろうから良く洗ってね、といわれるだけでした。

ベビー石鹸を使っていましたが、全く良くならず
母親には石鹸なんかで洗うからだ!と
水だけで洗うようにいわれ、石鹸で洗わない時期もありました。
全くよくならず、精神的にも参っておりましたが
里帰りも終わり生後2カ月に入り、予防接種を受けるため近所の小児科を受診したところはじめて軟骨を出されました。
すると3日程でガサガサ、コペコペだった肌がツルツルに!

もう嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。
しかし二週間程すると、その軟骨に慣れてしまったのか、また肌荒れしてきてしまい、再度小児科を受診。
今度は少しステロイドが入った軟骨でした。
毎日朝晩ステロイドを塗っていると少し肌荒れはらありましたが、産まれてすぐに比べたら綺麗な状態をキープできていたと思います。

そんなあるゴールデンウィーク。
久しぶりに子供と実家へ3泊ほどしました。
すると帰る頃にはまたガサガサの肌になっていたのです。
実家にいるとなぜ?と思い考えてみると実家では室内犬を飼っていましたのでもしかしたら犬アレルギーなのではと思うようになりました。
そして生後4カ月で血液検査をすると予想通りクラス5の犬アレルギー。

そして犬だけでなく、小麦や大豆、乳製品や卵までもがアレルギーでした。
アレルギー専門医によると、とにかくアレルギーは肌を綺麗にしてバリアを張ることが大事といわれ、生後長い間肌が荒れていたので
やはりしっかり洗って保湿してあげれば良かったと非常に後悔しました。

現在は、毎日二回お風呂で汗を流し、しっかりとステロイドと保湿剤を塗って肌が綺麗な状態をキープしています。
アレルギーに関してはまだまだわからないことが多いですが、これからも子供の肌を気にかけ
改善するよう頑張りたいと思います。