何を食べるにしても、アレルギーが気になって仕方がありません

標準

娘がアレルギーでした。しかも卵に牛乳小麦粉がダメだったのです。小さい時から何を食べても、体が赤くなって掻いてばかりいました。だからおかしいと思っていましたが、それは食べるもののアレルギーだったのです。

子どもの好きなクッキーも、ケーキも食べる事ができなくなったのです。そんな娘がとても可哀そうに思えました。だから私は何でも手作りするようにしました。いろんな本を読んで、ネットを見て口コミを聞いてはアレルギーがあっても食べれるものを手作りしてみたのです。これがとても良くて、娘は本当に喜んでくれました。
続きを読む

紫外線に対するアレルギーで行った対策について

標準

子どもが小学校1年生くらいから数年間、紫外線に過敏症がありました。
それまで一年中真っ黒に日焼けしていた子ですが、小学校に入学したころ毎日顔に湿疹ができるようになりました。

初めは一過性のものかと思っていましたが、症状は見る見るうちにひどくなり、顔が真っ赤に腫れるようになりました。
皮膚科に行くと、原因も調べないままステロイドが処方されましたが、数回塗ってこれではだめだと考え、原因について毎日観察をはじめました。
続きを読む

いつ治るか分からない食物アレルギー

標準

離乳食を始めるにあたって食物アレルギー検査をしました。最初は6ヶ月の時だったのですが、卵と乳に陽性反応が出ました。
母乳育児をしていたため私も出来るだけ除去食を始めたのです。アレルギーがある人は薬を飲ませながらも食べさせる方法と完全に除去して出なくなるまで待つ方法と二つありましたが、私は後者の除去する方法を選びました。
続きを読む

ピーナッツアレルギーは反応が大きいようです

標準

長男はピーナツアレルギーです。
初めて気がついたのは長男が一才になる直前でした。ピーナツバターをほんの少し味見してしばらくすると、顔がパンパンに腫れあがりました。蕁麻疹でした。まさかと思い、病院で調べてもらうとピーナツアレルギーが発覚しました。

主人の転勤でアメリカに住んでいた時は、ピーナツアレルギーの子供が多いと言うのもあり、学校の対応もスムーズでとても慣れていました。保健室にエピピンを預け、ピーナツアレルギーの子達はランチは専用のテーブルでとる…と言うものでした。
続きを読む