子どもの皮膚に出るアレルギー症状の対策について

標準

子どもにアレルギーが出始めたのは、3歳くらいの時です。
原因不明の湿疹が続き、アトピーのようでもあり、汗疹のようでもあるなんだかわからない症状でした。

皮膚科にも数えきれないくらい通いましたが、いつもステロイドを処方されるだけの、診察や治療と呼べないようなものでした。
ステロイドは炎症を強力に抑えますし、悪い薬ではないと思いますが、原因不明の湿疹に漫然と使い続ける薬としてはリスクがあると思い、ステロイドを使わない医者に通い始めました。

医師によると、何らかのアレルギーではないかという診断でしたが、なんだかわからないまま掻き壊し防止の対策に追われる日々でした。
日中はそうでもないのですが、眠っているときに掻いてしまうため、手首や手足の関節にいつも湿疹がありました。

そのため、衣類はすべてコットン100%の素材にし、洗剤は洗濯用粉石けん、クエン酸ですすぐといった昔ながらの洗濯方法にし、身体を洗う石鹸も純せっけんにするなど、なるべく肌の負担が無いような生活にしました。

又、小さい子どもは胃腸も未熟ということを聞き、なるべく和食で野菜中心の生活を心がけました。
脂っぽい食事や糖分の多い食事を子どもに与えすぎるとアレルギーが出やすくなるという医師の指導で、食材もなるべくオーガニックで安全なものを選んで購入しました。

確かに、腸の健康は皮膚と密接な関係があるようで、食生活やスキンケアを見直したら、徐々に皮膚のアレルギー症状は治まり、今では症状が出なくなりました。