赤ちゃんの頃からさまざまなアレルギーを持つ息子、それと格闘する日々

標準

うちの子供は、2歳のころまで、毎晩1時間おきに泣いて起きる子供でした。
一度泣いたら30分はなきやまず、ほとんど睡眠がとれない状態でした。

あれはかゆみがあって、ぐずぐず泣いていたんだな、って気が付いたのは随分あとのことで、もう少し早く原因をわかっていれば、早くに対処ができただろうに。
あの時の睡眠不足のつらさは、今でも恐ろしく覚えています。

アレルギー科を受診して、血液検査をしてもらいました。
息子の結果みて愕然、うーーん、いっぱいアレルギーがあるな・・・。と
まずは卵と牛乳。これは母乳からでもわずかに影響でるので、私の食事制限をすることとなりました。

お医者様によっては、母乳は関係ないから大丈夫という方もいらっしゃいましたが、現実、私が乳製品や卵を口にしたときは、その母乳を飲んで息子の体にアレルギー反応が必ずでてきました。よって、実証からして母乳は大いにかかわりあると確信。
毎日自分が何を食べたかの記録をつけ、息子のアレルギー反応をチェックする毎日がはじまりました。

血液検査では反応しないけれど、実際に反応をする成分が他にもあるということがわかりました。
まずはごま油。これを使った料理を食べた後は、必ず息子の口の周りに赤い発疹がでました。
食べ物以外では、ハウスダストと犬です。夜中も泣いて泣いてかゆみを訴えていたのでしょうね。

ハウスダスト対策の布団にかえ、布団掃除機を毎日おこない、極力ハウスダストを吸わないで済むようにしました。
赤ちゃんのアレルギーって、口で伝えられないから、本当に親が大変。ひび格闘でしたね。